異国の主婦のつぶやき

せめて二次元だけでも乙女でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法のコトバ2

魔法のコトバの続きです。
ではどうぞ
天羽に月森のことは適当に(?)ごまかし逃げるようにして教室に入った。
自分の席に行くと、隣に席の土浦に『おっす』と声をかけられた。
進級するにあたってクラス替えがあり、私は加地君と土浦君と同じクラスになった。
加地君は、同じクラスだとわかると『奇跡ってあるんだね』とか言って、
私の手を握り締めて喜んでいたけど。そこまで喜ばなくてもだよね・・・。
友達居ないわけじゃないのに・・・。
あと実は土浦君も将来音楽の道に進むことを決め、私同様音大を目指す
まさに同士となったの。でも、同士といっても土浦君の場合私よりも基礎が
きちんとあるから先生達からは、そんなに無謀だとは言われなかったみたい。
私の時は凄かったから・・・。

「そういえば、さっき金ヤンが昼休みに俺とおまえで音楽室にこいってさ。」
「えっ!?私も??」
「ああ。二人でこいって。」
「なんだろう??」
「俺に聞くなよ。まぁ、行けばわかるさ。」
「そうだよね。」
でも本当なんだろ〜

昼休み土浦と金澤の待つ音楽室に向かっていた。
「面倒なことじゃなきゃいいけどな。」
「ホントだよね。これ以上は色々無理だよ〜」
「『トントン』失礼します〜。」
ノックして音楽室の中に入った。
「お〜。よく来たな〜」
中には相変わらず無精髭の白衣姿の金澤が待っていた。

                        つづく。


あとがき
やっぱりなかなかすすまない。もっとサクサクいきたいなぁ〜
次こそは。月森君は当分出てきそうもありません。
ごめんなさい(-_-;)

                   だっち




スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/06/09 21:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

だっち(宮ノ杜だっち)

Author:だっち(宮ノ杜だっち)
異国に住むゲーム好き声優さんの三木さん大好きな
平凡な2児の母です。
(妄想空間では正様の嫁です)
いい歳こいてアニメや乙女ゲーム大好き。
コメント大歓迎ヽ(*´∀`)ノ
気軽に声をかけてくださいお待ちしております(#^.^#)
はじめての方ははこちらから!
ゲーム履歴や好きなものこちらからです。

ようこそいらっしゃいました。
目指せ30000HIT!                        現在の閲覧者数:                 ありがとうです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。