異国の主婦のつぶやき

せめて二次元だけでも乙女でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

妄想祭りじゃ! 宮ノ杜家ダンスパーティ 前編 

ようこそ妄想祭りへお越し下さいました(#^.^#)

本日は乙女ゲームの感想でもなく、日々のつぶやきでもなく
妄想祭りを開催中です。

以下からは注意事項デス。


*この記事は
このブログの管理人
だっちの暴走とも捉えられる妄想しかありません。
そういったものが苦手、
または嫌悪感をもたれる方は回れ右でお願いします。


全くのフィクションでありだっちの脳内の妄想を
形にしただけのものですのでそのところご了承ください。

以上のことがOKという乙女様のみ以下からどうぞ!

なお仲良くさせていただいている乙女様もご出演されていますが、
このことに関しても苦情などご本人以外からはお受けしませんので
そのところよろしくお願いします。


はい(#^.^#)
ようこそ乙女様宮ノ杜だっちデス〜。

以下からは妄想劇場が始まりますが、
最終確認です。
OKな、乙女様ですよね?

いいですね。



では、どうぞ!












今日は某日18時から妄想空間の宮ノ杜家ダンスホールで行われました、
妄想舞踏会(ダンスパーティ)のレポを行いたいと思っています〜。

参加者は以前ご紹介した妄想乙女様5名+1名(見学の乙女様)+私
勿論自分の妄想世界で参加していただいている乙女様全員です。
そして本日は見学の乙女様もいらしてくれています。
(そのうち華ヤカリベンジして欲しいです。)
そして男陣はというと
宮ノ杜家ご兄弟正様、勇様、茂様、進様、博様、守様+紀夫様+喜助の計9名でございます。
本日雅様は体調不良のためご欠席デス。
ただ本日茂様のダンスの相手が・・・・。
長男の嫁としてわ、私が!!
・・・・・。
・・・・・。
他のキャラの彼はすごく好きなのですが・・・・。
またプレゼントを投げ捨てられるという恐怖が。
((((;゚Д゚))))


スペシャルゲストとして
本日は若かりし頃の玄一郎様にもお越しいただいております。

後で踊らなくては!!

本日は見学していただける乙女様と
一緒に皆様の妄想の世界をみてまわらせていただきますね。

迫力のある演奏は紀夫様が手配してくださいました。
ウィーンの楽団だそうです(*´∀`*)

サスガ紀夫様です♥
今日は紅様のことは忘れて下さいね♥


会場のあちらこちらで妄想の世界が広がっていますね(笑)
お花畑化しているところもありましたね(笑)
まあ妄想の世界なので当たり前なのでしょうけれども。


音楽に合わせてくるくる回っている方がいると思えば
迫られまくって腰を抜かしている乙女様まで。
でも、全体的に言えるのは皆様本当

いい顔をしていらっしゃいます!
(いいニヤケ顔ということです(笑)


初めはそうですね。

華麗に紫色のシフォンのイブニングドレスに身を包んだ四方攻めの乙女様。
(小西様好き乙女様とお呼びするるべきでなのでしょうか?
ですが、今日は敢えて四方攻めの乙女様と呼ばせていただきます)
華ヤカなる殿方囲まれていらっしゃいます。
そのせいなのでしょうか、
妖艶すぎるほどに緩んだ表情に私はうっかり見とれてしまいました。

緩んでいますね゚+.゚(´▽`人)゚+.゚ィィ!!。
隣で見ている乙女様もその緩みっぷりに見とれているご様子。

いい傾向です。
妄想とはまさにそういう表情をするためにある世界ですから。
日頃の疲れを今日は思う存分癒していただきたい。

でも、四方攻めですから体力が持つか
耳が犯されて麻痺しないか心配です。



そしてお次は眼鏡と正様をこよなく愛する乙女様。
本日がターコイズブルーのスレンダーラインの
シックなドレスに身を包まれています。
素敵でございます。

全く周りが見えていなく、ただ目の前の正様に夢中そんな様子でございます。
目が両目とも♥♥こんな感じですかね(笑)
やや!大変です乙女様の口からヨ、ヨダレが!ヨダレが!
呆れた表情を浮かべながらも正様がハンケチで優しく拭いてくれています。
なんて、う、羨ましいのでしょうか?!
その後恥ずかしかったのでしょうね、頬を染めて正様と優しいお顔で見つめ合われております。
正様のタキシード姿も素敵すぎます♥
よくお似合いのお二人。
少しだけ焼けますけれども。
少しだけ?
少しだけ・・・・。

いやいやいや焼いてなどいません!!

今日は器の大きな宮ノ杜家の長男嫁としてこの妄想パーティの主催者として
しっかりと皆様の緩みっぷりデレデレっぷりを見届けなければ!
と、隣の乙女様に決意表明してみます!
( ゚ー゚)( 。_。)とうなずいていただきました(*´∀`*)

頑張らせていただきますね!
ブルブル武者ぶるいか。


そして
勇様と博様の挟まれてオロオロしているのですが口元がだらしないくらいに
緩みっぱなしの乙女様。
本日は深紅のロングのAラインのシフォンのドレス。
恐らく勇様の趣味なのでしょうか。
コチラもよくお似合いで素敵です。
私の義理の妹になります。
勇様の嫁ですが本日は博様もご一緒にということで、
あの独占欲の塊の愛すべきお馬鹿の勇様ですから少々心配ですが、
もう一人がデヘヘの博様ということで安心しております。

きっと壮絶な取り合い合戦が繰り広げられることでしょうね。
楽しみです。

そして、華ヤカを未プレイにも関わらず参加してくれている乙女様。
私の専属を申し出ていただいたりもしております。
なんと嬉しすぎる申し出!
こんな私に付いてくれるなんて(;>_<;)
ありがたいことです。
でも、今日は楽しんでもらいたいです。
桜色のスレンダーラインのロングドレスで優雅に喜助とダンス中です。
喜助も今日はタキシードでバッチリとキメていますね。
すらっと背の高い乙女様と喜助絵になります。
この後は玄一郎様ともぜひ踊っていただこうかと思っています。
和かな表情をお互い浮かべて楽しそうですね〜。



続いて
最近再び華ヤカをプレイされた乙女様
本日勇様と踊っていただこうと思っています。
(諸事情がありまして申し訳ありませんが
今回は勇様と○○様になってしまいました。
スミマセン・・・。
○○は後でのお楽しみ(#^.^#)
(後ほどで苦情の方は受け付けているますので罵ってくださいませ)
可愛らしい真っ白な片方の肘膝丈シュフォンドレス。
純白ですか!
おおおお!これはこれでいいですね。
勇様がこのドレスを見てどのような反応をされるのか
楽しみです。


では少し近づいてそれとなく会話を聞いてみましょうかね。

こそこそこそ|゚Д゚)))

はじめは最初にご紹介した四包攻めの乙女様

どうやら4人で四包攻めの乙女様を取り合っているご様子。
う〜羨ましいですね!
隣にいる乙女様も(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)と頷いてくれております。

よく見ると我が夫の正様までいるではないですか!?
居ないと思ったらこんなところに!
ムムム焼きもち。
と言いたいところですが此処は妄想の世界なので大丈夫(笑)
後でたっぷりと楽しませていただきます。


どうやら進様が何か耳元で囁かれていますね。
あっ!今乙女様の顔が噴火しました。
ぼっ!って。
何を言われたのか気になります。
きっと
「あなたの時間を俺だけにくれませんか?
今日の俺の時間は貴方の為にだけに使いたいんです。」
とかだったりして!!!
むは〜!!!

その後間を置くことなく次は守様ですか。
「4男。
貴様いま此奴に何を言ったのだ。」
お〜!
四包攻めの乙女様を挟んで今火花が見えましたよ!
Σ(゚д゚lll)
なんと美味しすぎる状況なのでしょうか!
修羅場なのでしょうか!
でも、四包攻めですからこのお二人だけではないですよ。
前方には正様。
後方には紀夫様という華ヤカイケメンパラダイス
イケボイパラダイス(イケてるボイスという意味)。


紀夫様なんて進様の顔を退けて何か囁いていますよ。
ウヒョ〜!!!!
三つド萌えならぬ四つド萌え(笑)

「君の時間は俺がもらうよ。」

「お、おい紀夫!こいつから離れんか!」

「なんだよ、正。ヤキモチかい?自分が言えないからって人に当たるなよ。
大人げないな。」

「ねっ。君の時間は今日は俺にくれるよね。」

「おい、九十九院。貴様にやる時間などない。
今日は俺がこいつを貰う。」

「おいおい今俺が彼女と話してるんだけど。
それに彼女はものじゃない。」
こちらでも火花が!!
本当なんて美味しすぎる状況!!
( ゚ー゚)( 。_。)
ですよね!


「ちょっ、ちょっ御杜さんに紀夫さん。
お、俺が最初にその誘ったんですけど・・・。」
強く言えない進様が愛おしい!
あ〜進様♥

「じゃあさ、4人の中で一番彼女が喜ぶ言葉を言った奴が今日彼女の時間を
もらえるとういうことにしないかい?」
Σ(゚д゚lll)
乙女様が心配です!!

「よ、喜ぶ言葉だと?!の、紀夫正気か?!」

「おや?正は自信がないのかい?」

「いいだろう。貴様の提案に乗ってやる。」
こういうの好きそうです。守さん。

「えっ?御杜さん!本気ですか?」

「ああ。こいつが喜ぶ言葉をいえばいいのだな?」

「ああ。そうだよ。簡単だろ?」

「この勝負俺に分がありそうだな。」

「それはカナリの自信だね。楽しみだ。」

「お、おいお前達、何を勝手に話を進めている!」

「あれ?正は参加しないんじゃないの?」

「グッ・・・。そ、そんなことは言っていない!」

「えっ?!正兄さんも参加するんですか!?」

「う、うるさい!私が参加してはいけないのか!」

「そ、そんなことは言っていないのですけど。
その、正兄さんにそんな言葉言えるのかなと思いまして・・・。」

「わ、私だってこいつが喜ぶ言葉の一つや二つ位言える!」

『へ〜そりゃあ、楽しみだ。
 ほ〜それは楽しみなことだ。』

「う、うるさい!お前たち!!す、進はどうするんだ。」

「お、俺ですか?!ここで引きたくはないですけれど。」

「なんだ4男自信がないのか?」

「じ、自信なんてないですけど、でも、俺もここで引きたくないな・・。」

「じゃあ4人とも参加決定だね!」

真ん中にいる乙女様はオロオロしながらも皆様のお声に聴き惚れている
ようですね(#^.^#)
幸せそうな顔をしておいでですよ。


この先どう言われるんでしょうか!
耳元で囁かれているためにこちらまで聞こえてこないんです(;>_<;)

もっと傍に寄ろうと思いますが、
これ以上寄ると危険だと一緒に廻っている乙女様に
服を引っ張られてしまいました(^^ゞ

でも、
きっと四包攻めの乙女様のことですから言葉よりも
息遣いとか息の抜き方とか鼻から抜ける息遣いで
簡単に堕ちてしまうのではないでしょうか。

「今宵のお前は綺麗だ。
お前の時間を今宵だけでいい俺だけにくれないか。」

「君の瞳には俺しか映したくないな。
今夜はどうかな俺と一緒にいてくれないかい?」

「俺にはあなたを喜ばすことはできないかもしれないけど、
俺はあなたと居たいんです。どうでしょうか、俺を選んでくれませんか?」

「そ、そのなんだ。
お前は私の馬鹿者が好きなんだろう。
だから、今夜はお前のためだけにその言葉を言ってやる。」

一斉に言われたら嬉しすぎると思いますが
約一名ちょっと違うだろという方が・・・。
正様!!!!
そうじゃないでしょ!
後で叱っておきます(笑)
その後4人(正様は(^^ゞ)
にあれやこれやで囁かれまくりどうやら腰を抜かしてしまったらしく
顔は緩みっぱなしの上腰はフニャフニャになってしまっています。
そしてそんな乙女様を
守様がお姫様抱っこされて4人でどこかに行ってしまわれたようです。

「こいつは俺に部屋に運ぶ。
俺の部屋でいいだろう。」
とか守様に言われているのでしょうか!?

あああ〜
お姫様抱っことは乙女の夢です。
いいな〜(ノ∇≦*) キャハッッッッ♪

しかし、
四包の乙女様の安否が気になります。


どうかご無事で!

後でこっそりと様子を見に行ってみなければですね。
今頃は本当に守様のお部屋でお休みだってリして・・・・。
ハッΣ(゚д゚lll)
危険な妄想へいきそうでしたのでこのへんでお止めておかなけらればデス。
全年齢!
全年齢!


それにしても凄かったですね!
4人で取り合いとかもう腰を抜かす気持ちわかりますよね。
隣にいる乙女様も自分もいつかと瞳をキラキラされています。
眩しすぎます!

あっ、その様子にスッカリ見とれていたためご挨拶するのを
忘れてしまっていました・・・・(-_-;)

後で、お加減を見に行くときにしっかり
と挨拶をしなければデス。

でも、も、もしかしたらお邪魔なんかになるのでは・・・。

まあ、その時は空気を読めということでしょうね。
隣にいる乙女様も空気を読むのは大事だと言っています。
イタイところだけではなく常識のあるというところも
知ってもらういい機会ですよね!
(((uдu*)ゥンゥン
相槌いただきました!




お次は
眼鏡と正様をこよなく愛している乙女様。

焼けるほどお似合いな二人。
どんな言葉を囁かれているのか傍によって聞いてみましょう。

こそこそこそ|゚Д゚)))
二人仲良くワルツを踊られているご様子です。

「今日のドレスもよく似合っいるな。
それに、ワルツの方も上達している。
でもこの間の舞踏会の時にはここまで上手くなかったが練習したのか?」

「はっ?!茂と練習しただと?」

「はい。ってお前は・・・。」
おや?雲行き怪しくなってきましたよ。

「お、怒ってなどいない、怒ってなどいないのだが・・・。」

「な、何を言い出すのだ!
わ、私が焼きもちなど焼くはずがなかろう、然も自分の兄弟だぞ
バカバカしい。」

「なに?茂とまた練習の約束をしている。だと!?」

「お、怒ってなどいない!さ、さっきから言っているではないか!
だ、だがな・・・。その、まあ、なんだダンスの練習なら、
私が、つ、付き合ってやる。」

「そうだな、忙しくはある、だが、
お前の為にそのくらいの時間はとってやる。
だからいいか!茂との練習はもうするな。」

「最近は、忙しくてお前と一緒に居てやれなかったからな。
それくらいの時間はなんとかしよう。」

「心配するな。約束する。」
あっ!
嬉しさのあまり乙女様正様に飛びついちゃっています。

「お、おい、お前な、何をしている、人前だぞ、は、離れんか!」
慌てている正様も素敵です♪
でも人なんて誰も見ていませんよ〜。
皆様ご自分の妄想世界で一杯一杯ですからね( ´艸`)ムププ

乙女様!
ガンガン攻めちゃって正様をもっとアタフタさせちゃってください!
抱きついた乙女様が何か正様に言っております。

「はっ?
私の眼鏡になりたい。だと?!
それならいつでも一緒にいられるから・・・。」
真っ赤になっている正様。

「な、何を馬鹿なことを言っている!
お前は何か悪いものでも食べたのか?!」

照れるとつい怒り口調になるんですよね(笑)
そこもまた素敵なところなんですけど。

「以前からそう思っていた。だと・・・。
お前はどうしてそう恥ずかしいことを平然と言える。
そ、それよりは、離れんか!」
恥ずかしさから話をすり替え必死に引き剥がそうとなさっているのですが
乙女様ガッチリホールドですね。
本当は正様もまんざらでもないと思うんですが、なにせ恥ずかしがり屋の
照れ屋でおかしなプライドをお持ちですから。

本来なら「お前は本当に嬉しいことを言ってくれる」
位の言葉を言ってくれてもいいと思うのですが。
まぁ正様からそんな言葉が聞けたら槍が降ってきそうですよね(笑)

余りにもガッチリとホールドされているため、さすがに正様も諦められた
ご様子。

そして

「お前は眼鏡などにならなくてもいい、そのなんだ、
眼鏡なんかにならなくてもだな、
お前は私の傍に居なければならないのだからな。
少なくとも私はそう思っている。」
ぽか〜んと口を開けている乙女様。

「だから、お前はそのままんのお前のまま私の傍に居るんだぞ。
お前がいるから私はこうしていられるのだからな。」
そう微笑まれて正様は乙女様のホールドされている手を優しく解き
再びダンスを始められました。

素敵すぎます!
正様!
決めるときはしっかり決めてくれる御方だと思っておりました!
(本編では少々がっかりしましたが)
でも、乙女様には刺激が強すぎたのでしょうか。
再びだらしなく口の方が開きっぱなしです。

た、大量のヨ、ヨダレが!
またもや垂れ流しです!
でも、呆れ顔を浮かべながら正様が
優しく拭き取ってくれております。

なんだかんだ言っても優しい正様ですよね〜。

一緒に廻っている乙女様にも伝わったでしょうか!
正様の魅力が!
これで華ヤカリベンジまで一歩近づいたに違いないですよね。

(-ε-〃)b゙ チッチッチッ
Σ(Д゚;/)/…エエ!?
まだ、た、足りないようです・・・・。
。・゚・(ノε`)・゚・。
もっともっと魅力をお伝えしなければ!


長くなってしまったため一度ここで切らせていただきます。

後編に続く。

*遊びすぎていたらスミマセン。
苦情は受け付けておりますので。
勿論ご出演の乙女様限定でですが。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/06/20 14:07 ] 妄想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

だっち(宮ノ杜だっち)

Author:だっち(宮ノ杜だっち)
異国に住むゲーム好き声優さんの三木さん大好きな
平凡な2児の母です。
(妄想空間では正様の嫁です)
いい歳こいてアニメや乙女ゲーム大好き。
コメント大歓迎ヽ(*´∀`)ノ
気軽に声をかけてくださいお待ちしております(#^.^#)
はじめての方ははこちらから!
ゲーム履歴や好きなものこちらからです。

ようこそいらっしゃいました。
目指せ30000HIT!                        現在の閲覧者数:                 ありがとうです
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。