異国の主婦のつぶやき

せめて二次元だけでも乙女でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

龍神将臣ルート 21

*お知らせ*

久しぶりにコルダのお話を書こう思います。
100万人のコルダに刺激され・・・。

只今準備中です。

月森君、土浦君、加地君あたりで。

名前を呼んで欲しいシリーズとか
プロポーズシリーズとか
妊娠しちゃいましたシリーズとか(^^♪
短編で!
どれが先になるかわかりませんが書きますね!!

月森君あたりから書く予定です。
只今猛烈に妄想中ですのでもうしばらくお持ちください

本題は

将臣ルート21話です。


自覚  3


「あの・・・。有川さんもしかしてなんでここにいるのか
分からないってことないですよね・・・?」
将臣の態度にオドオドしながらも思い切って聞いてみる。

「有川さんもって聞くあたりお前も無いんだな・・・。
昨日の記憶・・・。」
少しだけ目を開けてこちらを見ながら自嘲気味に笑った。

「・・・・。昨日の記憶・・・。」
そう言われてあそびは昨夜のことを思い出す・・・。

えっとたしか暁と別れたあと有川さんに会って一緒に飲みに行ったよね。
で、それから有川さんが珍しく酔いつぶれ潰れてそこで・・・。

「あっ、思い出してきたかも・・・。」
顳かみあたりを押さえながら話し出す。

将臣を見るなり気が動転していて思い出すことをしていなかったが、
じっくりと思い出してみると、薄ボけてはいるが何となく昨夜のことが
思い出されてくる。

その様子に将臣もゴクリと唾を飲み込み
黙って見守るように見ている。

「昨日、そうです。有川さんが酔い潰れてしまって私有川さんの家を
知らなかったので多分家に連れてきたと思うんです。」
眉間にシワを寄せて首を傾げながら続ける。

「一応その時は有川さん千鳥足でしたがなんとか歩いてくれていたんですが、
家に着いたとたん、暑いとか言って服を脱ぎ出して勝手にベットに寝てしまったん
です。そうです!!
私のベットなのに大の字になって寝ちゃったんですよ!!!」
少し怒り気味口調になり将臣を睨む。

「突っ込むとこそこかよ・・・。」
将臣が呆れたようにあそびに言う。

「えっ?」

「お前なぁ。俺が言えた義理じゃあねえけど。もっと、こうなんだ違うだろ
怒るところが。」
痺れを切らすかのようにワシワシと自分の髪を掻きむしりやや不満な声で言う。

「へっ?怒るところ?」

「ったく・・・。」
そう言って将臣は黙ってしまう。

「有川さん一体何が言いたいんですか??」
将臣が一体何にそんなにイライラしているのかが分からずに
思い切って尋ねてみる。

小さく舌打ちしたあと

「借りにもだお前は女で俺は男、深夜に男を部屋に上げた挙句にそいつが
服まで脱ぎだして寝ちまったんだろうが。
いくら俺とはいえ酒が入って酔っ払っている状態だぞ少しは警戒しろよ!」
呆れ声と共に少しだけ怒っている声で言われた。

「・・・・。
でも、有川さんだし、寝ていたし・・・。」
将臣の迫力に負けて上目遣いで遠慮気味に将臣に答える。

「お前な〜!
俺の話聞いていたか!!」
今度はしっかり怒鳴られてしまう。

「は、はい。で、でも、あのまま有川さんを一人にできなかったし。」

「お前に言うことはわかる。俺も今回は反省してるしお前に感謝してる
だけどな。いくら寝ていたとはいえ一緒のベットで寝るってどうなんだよ。」
そう言ってそっぽを向く将臣の頬は心成しか少し赤くなっている。

「でも、家にはベットが一つしかないし布団もひと組みだけだし。
風邪ひいたら嫌だし・・・。」

「風邪ひいたら嫌って・・・・・。」
かくっと首を垂らして将臣は再び暫く動かなくなってしまった・・・。






                      つづく




あとがき

何とか書くことができました。
色々悩んでいたんですが・・・。
でも、書いてみてやっぱり楽しいなと思いっています。
未熟でもいいから。
書き続けたいです(-^〇^-)

あそびちゃんは私が愛してやまない主人公ですから!!

なんだかしんみりしてしまいすみません。

将臣君とあそびちゃんは結局どうだったんでしょね。
もうこの展開から推測できるとは思いますが(笑)
次回もまたお会いできるといいですね!!



              だっち 2011・10・3


スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/10/03 19:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

だっち(宮ノ杜だっち)

Author:だっち(宮ノ杜だっち)
異国に住むゲーム好き声優さんの三木さん大好きな
平凡な2児の母です。
(妄想空間では正様の嫁です)
いい歳こいてアニメや乙女ゲーム大好き。
コメント大歓迎ヽ(*´∀`)ノ
気軽に声をかけてくださいお待ちしております(#^.^#)
はじめての方ははこちらから!
ゲーム履歴や好きなものこちらからです。

ようこそいらっしゃいました。
目指せ30000HIT!                        現在の閲覧者数:                 ありがとうです
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。