異国の主婦のつぶやき

せめて二次元だけでも乙女でいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

龍神将臣ルート 18

将臣ルート18話です。

あと何話位で終わるのかな・・・。
20話は行きます。
25話位で終わりたいな・・・。
願望です。
だってまだ後ろに7人も居るから追いかけられているようで。
早く俺を出せよ!!みたいな・・・。

全員終わる日は来るのであろうか??

さて塞ぎ込んでいても仕方がないので気を取り直して
どうぞ!!

決着  5


「有川さんじゃないですか。偶然ですね」
驚いた表情を浮かべて将臣を見る。

「ああ。それよりお前一人か?」
あそびの周りを確かめるようにチラリと見た後あそびに尋ねた。

「はい。そうですよ。」
さっきまでは違うけど・・・。
そのことを考えると暁を一人置いてきたことにチクリと胸が傷んだ。
無理矢理笑おうとしたせいか、なんとも弱々しい笑いになってしまった。


「水森?」
その表情に気が付いた将臣は顔を顰めた。

「えっと。有川さんこれから飲み直そうと思っているんですけど
一緒にどうですか?」
将臣の顔を見て慌ててその表情を
誤魔化すように不自然な位明るく将臣に話しかける。

「あっ。ああ、いいぜ。」

「んじゃ、行きましょうか!!」
了承の返事をしてくれたものの未だにあそびを見る将臣の表情は固いままだった。

そんな将臣の視線から逃れるようにあそびは背を向けて先を歩き出した。

何も知るはずのない有川さん。
でも何だか有川さん視線に私の心の中まで見透かされそうで
なんだか怖かった。
気にしすぎだとは思う。
でも、それほど私の心は不安定なのかもしれない。

「どこに行きましょうか?私の行きつけの居酒屋でもいいですか?」
少しだけ後ろにいる将臣の方へ顔を向けて尋ねた。

「ああ。俺はどこでもいいぜ。」
そう言った将臣の表情は先ほどとは違い柔かった。
そして少し早歩きであそびの隣に追いつく。

「明日も休みだから今日はお前にトコトン付き合ってやるぜ。」

「いいんですか?そんなこと言ったら私本気出しますよ!」

「おいおい。そこは手加減しとくところだろうが。」
何となくいつもの様に会話できることが嬉しくてあそびはごく自然な
笑顔になっていた。

いつもの居酒屋に入るとカウンターに腰をかける。

たわいもない話それでもとても楽しかった。

さっきまでは、あんなに沈んでいた気持ちが自然と浮かんでくる。

有川さんって不思議な人。
いるだけで自然と笑顔になれる。
ここ最近何だか色々考えていてこうやって自然に笑顔で笑い合うことなんて
なかったかも。
今もまだ何にも進展していないし、決着もしていない。
だけど、有川さんと話していたらなんだかホッとする。
お兄ちゃんみたいな感じかな。
と言っても私には兄なんていないけど。
譲君いいな〜。
あっ!でも譲君の場合くろうにんで几帳面そうだから合わないのかな。

「ぷっぷっぷっ。」
将臣がトイレに行っている間に一人そんなことを考えて笑っている。

「なんだ気持ち悪いぞお前。」
トイレから帰ってきた将臣に若干引かれ気味で言われた。

「酷いですね。気持ち悪いってかりにも私も女なんですけどね。」

「そうだったか?」
惚けるように言って将臣は楽しそうに笑う。

「もう。本当酷いですね!」
拗ねたように将臣から顔をプイと横を向く。

「冗談だって。そう怒るなって。」
そう言ってあそびの頭に手を置く。

プーっと頬を膨らせたままあそびはチラリと将臣の方を見る。

そして思ったよりも将臣の顔が近くにあることに驚く。
将臣の顔がお酒のせいなのか少し赤見がさしている。
でも、あそびに注がれているその表情が優しくて
あそびは気がつくと身体が熱くなってた。

思わずもう一度将臣から顔を逸らした。

そんなあそびにまだヘソを曲げていると勘違いした
将臣は更にあそびに顔を近づけて

「機嫌直せよ。」
そう困った表情を浮かべていた。

「・・・・っ。」

ち、近い。
それになんだろうこの身体の火照りは。
顔が近いせいだよね。
うん。そうに違いない。
それにお酒、お酒のせいもあるよ。
うん。そうだよね。
私はいったい誰に言い訳をしてるんだろう。

「どうしたんだ?顔真っ赤だぞ。」

「あれです。と、トイレです。」
と、将臣の元から大急ぎで走り去った。
そんなあそびの去っていく姿を見ながら

「相変わらず。おかしなやつだな。
でも、全く手応えなしというわけでもないようだな。」
と、軽く笑うとグラスに入っている酒を一気に飲み干した。


そして、間も無くして戻ってきたあそびはなんとか平静を装い将臣と
お酒を飲み続けた。


この先大変な事態になるとは思いもしないで。




                    つづく


あとがき

早いと思いませんか!
更新!
書いていたらのってきて書いちゃいました。
この先ね〜。
どうしようか悩み中です。
何通りか考えているんですがね。
甘いほうがいいですよね。
う〜ん。
頑張って考えてみます。

では、また遊びにきてくださいね。


                     だっち
               2011・9・18









スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2011/09/18 22:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

だっち(宮ノ杜だっち)

Author:だっち(宮ノ杜だっち)
異国に住むゲーム好き声優さんの三木さん大好きな
平凡な2児の母です。
(妄想空間では正様の嫁です)
いい歳こいてアニメや乙女ゲーム大好き。
コメント大歓迎ヽ(*´∀`)ノ
気軽に声をかけてくださいお待ちしております(#^.^#)
はじめての方ははこちらから!
ゲーム履歴や好きなものこちらからです。

ようこそいらっしゃいました。
目指せ30000HIT!                        現在の閲覧者数:                 ありがとうです
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。